スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
ウイルス対策してますか?

日本はかなり対策が進んでいる国で、国別でWeb経由の脅威発生率は低いほうです(2010年の情報)。
これがウイルス感染率が低いというには早計ですが、機会が少なければ総数としても少ないだろうと思われます。
しかし、その日本でも標的型のウイルスに相当やられていたようで、「ウイルス対策ソフトだけいれていれば大丈夫!」という変な神話はなくなるでしょう。
(どうでもよいが日本はこの手の神話が多い(ex.日本の原子力は安全などの安全神話など)

さて、国外に目を向けると、コンピュータ隊員の要請内容にもよりますが場所によってはウイルスとの壮絶ないたちごっこを続ける事になります。

ここマーシャル諸島もそんな国の一つ。

ただ、他の途上国と様子が違うのは、「お金がある」ということです。
被援助大国なので、アメリカから莫大な資金が流れ込んできます。
そのため、自国での積極的な産業推進などをあまり行っておらず、これといって特に目立つ産業がありません。コプラ産業くらい?

そんなアンバランスな国なので、他のボランティアが派遣されている国で聞くような

・機材が古いまま
・OSはXPであれば良いほう。2000や98も使ってる
・故障したら部品の調達が困難

という苦労があまりありません。

新しいラップトップは(主にハワイからや通販で)どんどん入ってくるわ、OSは新規購入だからWindows7がどんどん入ってきます。Windowsだけじゃなく、MacからAndroidのタブレットまで見る事ができます。


ともかく、お金の事は除いてもウイルス感染が厄介ごとである事は変わりありません。
メインの感染源は、例に漏れずUSBメモリ。
ここからの感染を食い止められれば、全体的な感染率は下がっていくはずです(期待)。

さて、これまでwindowsXPでは有効なウイルス対策と言えば、

・ウイルススキャンソフトをいれる
・USBメモリの使用を禁止する

くらいしかなかったのですが、Windows7になるとまともに使えるウイルス対策ソフト以外の対策法があります。

>>続きを読む・・・
スポンサーサイト
セキュリティ | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。