スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
前回DN-MP500の記事を書いてから1年以上たちましたが、久しぶりにASTONのHPに行ったら、最新のファームがアップされていたので、アップデートしてみました。

http://www.achieva.com.au/astone-firmware/


使用したのはAP-300のファーム。
アッフデートした後のシステムの情報は、
・Version:ACH2.AU.1.9.11
・Audio:340931
・Video:334798
・System:PAL
・Flash:NOR
・Bootcode:0000.0202.0010
となっていました。

システム設定で日本語は選べず、日本語ファイル名も表示されないので、なんとか日本語化を試してみようかな。。。
(AP-110Dのファームでも同じような状況です。中身は同じように見えたので、今はAP-300のものをそのまま利用)

しかし、現在はDN-MP500自体が古いため、情報も無くなりつつあり、日本語化方法を紹介していたサイトは閉鎖や停止されており情報がありません(日本語化を試しているサイトも、肝心の情報は一次ソースのHPのリンクのみで、肝心の方法が詳しく載っていません。パッチも同様)。
→方法などを詳しい内容を記録したサイトがありました。
http://blogs.yahoo.co.jp/shrine1580
スポンサーサイト
ハードウェア | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。