スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

消せないファイル

2010/05/21 Fri 08:57

このファイルが消せないんだけど・・・・・・

そうなったときに慌てずにさくっと消したい。

 

原因は色々あるけれど、

・ファイルが使用中で削除できない

・何か良く分からないけど削除できない

という状況が考えられます。

 

前者は、

・セーフモードで試す

Unlockerというアプリを試す

openfiles.exeというコマンドを使う

などの方法があります。

Unlockerはインストール途中で、他のソフトもインストールしたような記憶もあるので、安易にnextを押したりせず、きちんとチェックを外してインストールしましょう(必要なら外す必要はありません)。

ちなみにOSが64bitだと上手く動いてくれないみたいです。アルファバージョンの64bit版があるのでそれを試すといいと思います。

これでも駄目ならLinuxが起動できる環境を用意して消す、というのが最終的な方法になると思います。

 

後者の方は、さまざまな原因がありますが、

・「ファイル削除エラー」

・「ファイルを削除できません」

などのエラーが出た場合が該当します

ファイルの削除エラーの場合は、コマンドプロンプトから直接削除すると消せる場合が多く、お手軽です。コマンドは、

del c:\xxx\xxx\kesenai.txt

またはパスやファイル名に空白が含まれる場合は、" " で囲ってあげて、

del "c:\xxx xxx\xxx\kesenai.txt"

とします。ちなみにディレクトリやフォルダの場合は、delコマンドの変わりにrdコマンドを使用します。

rd /s/q c:\xxx\kesenai

/sは消すディレクトリやフォルダの中に他のフォルダも含まれている場合にそれも削除、/qは/sを指定したときにいちいちそれらを削除するかどうかの確認をしない、という意味です。

ファイルを削除できませんというものが出てくる場合は、消せないようなファイルを作ってしまった場合に起こります。

たとえば、「最後が.(ピリオド)や空白で終わるファイル名」というのがそれに該当します。私も最近そういうファイルを偶然作ってしまい、久しぶりだったので消すのにちょっと戸惑いました。

 

削除方法は、コマンドプロンプトから、

del "\\?\c:\xxx\xxx\kesenai.txt."

などとします。ディレクトリやフォルダの場合はrdコマンドを使用します。

ポイントは

・先頭は必ず"\\?\"をつける

・ファイルは必ずドライブ名を含めたフルパスで書くこと

・最後のピリオドや空白もきちんと書くこと

・ダブルクォーテーションで囲むこと

です。

 

今ではあまり見なくなりましたが、ファイル名やパスが長すぎるため削除できない、というのもたまにあります。この場合は、フォルダの名前を超短くして対処するか、8.3形式で記録するのを停めていなければ、この8.3形式のファイル名を指定してコマンドプロンプトで消すという方法があります。

 

この長いファイル名やパスって、回復コンソールを使っているとき、たまに障害になります。。。

 

あとは、バックアップを書き戻そうとしたりして「アクセスが拒否」されることもあります。この場合は、所有権を変更すると上手くいきます。XPのhomeエディションの場合はセーフモードで行いましょう。

 

参考:

NTFSファイルシステム上のファイルまたはフォルダを削除できない

http://support.microsoft.com/kb/320081/ja

Windows XP でファイルまたはフォルダーの所有権を取得する方法

http://support.microsoft.com/kb/308421/ja

セキュリティ | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
yes
Windowsを使用している者ですが、フォルダwindowsの中のアンインストールのフォルダって消してしまってもいいものなんでしょうか?気付けば大量にありますよね。
う~ん
windowsフォルダの中の、アップデートに関係するフォルダ($NtUninstとか)ですか?
一応、これに関係するものをアンインストールする予定がない、というのであれば消しても大丈夫だと思います。

メリットは余計なファイルがなくなって、心理的にも物理的にもすっきりします。
デメリットは削除すると、「アプリケーションの追加と削除」で該当のものがアンインストールできなくなります。

私としては、パッチの類も完全ではないこともあるので、HDDに余裕があるのであれば、特に気にせず残しておくことをお勧めします。

普段は、ディスクのクリーンアップで十分だと思いますよ。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。