スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

最近読んでいる(予定の)本

2010/08/04 Wed 04:32

同じコンピュータ技術の隊員のblogにあったから私も興味を持ち、

私も本を読んでみることにした。

隊員連絡所に行けばもしかしたらおいてあるかもしれないが、

そこまで行くのも大変だし、借りるのも面倒なので思い切って購入することに。

 

全部。

 

以下、そのリスト。

 

世界で一番いのちの短い国―シエラレオネの国境なき医師団
世界で一番いのちの短い国―シエラレオネの国境なき医師団

 

アフガニスタンに住む彼女からあなたへ―望まれる国際協力の形
アフガニスタンに住む彼女からあなたへ―望まれる国際協力の形

 

世界と恋するおしごと―国際協力のトビラ
世界と恋するおしごと―国際協力のトビラ

 

国際協力師になるために
国際協力師になるために

 

読む順番については、こんな順番がよいよと、著者から出ている。

青年海外協力隊というスキーム(枠組み・システム)では

意味のある国際協力をすることは難しい、と書いた。

が、

不可能なわけではない。

もしも、あなたが、「本当に意味のある国際協力」を

なんとしても、青年海外協力隊の場で行いたい場合、

事前準備を、万端に行えば、それは可能となる。

具体的には

1.拙著の書籍の中で、以下の3冊を、以下の順番で読む。

 「世界で一番いのちの短い国」(白水社)

 「アフガニスタンに住む彼女からあなたへ」(白水社)

 「世界と恋するおしごと 国際協力のトビラ」(小学館)

2.このブログに書いてある内容をすべて読む。

  または5月出版の新刊「国際協力師への道(仮題)」を読む。

3.さらに、宇宙船地球号のホームページの中の補足サイト

  に書いてある内容を全て読む。

  この補足サイトは、半年以内ぐらいに、改訂され見やすくなる。

青年海外協力隊の良し悪し 5,455字

 

この人のblogも、隊員のblogで知った。

世の中知らないことだらけだ。

 

まだ読み終わっていないので感想はかけないけれど、

今後どのような道を進むかに関わらず、私がどのようにこうした問題に関われるか

考えるよい機会になればいいと思う。

実際には、別に国際的な問題のみが問題なわけではないので、

国内の様々な問題にも同様取り組めたら素敵だろうと思う。

 

と、思うけど、実際にどこまでできるかは不明。

もしかしたら興味を失って、何もしない、当たり障りのない人生を

送ろうとするかもしれないし、

もしかしたら小さなことをこつこつやっているかもしれない。

立ち上げに尽力した、ボランティア団体の代表の一人として、また精力的に活動するかもしれない。

 

それは私にも誰にも結局分からないことだ。

 

分からないことを考えても仕方がないので、今分かっていることを元に

行動してみようと思う。

それが、本を読むこと、だ。

本・雑誌・映画・音楽 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
国際協力の本
私も同期隊員からすすめられて、初めて知りました。
読みやすくて、面白い本ですよ。
2冊目を読み終えて、今度3冊目を借りる予定です。
それは楽しみ
実はまだ届いていなくて、読めていないのですが、
4冊とも今から読むのが楽しみです。

読み終わったら、隊員連絡所に寄付するか、
ほかの人にも読むの進めてみようっと。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。