スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
残り活動2ヶ月なのですが。


振り返るのは、赴任時に持ち込んだモノについて、今なら何を持ってくるか、ということ。
もちろん今と昔では状況が異なっているので、これから先も異なる可能性があるのですが、
基本的なところは変わらないかなーと。


なお以下は大洋州のマーシャルの場合であり、そのほかはわかりません。しかも男性用。
効率よく最小限の荷物で済ませる方法です。


・事前準備
→オンラインバンキングの申し込み。

→必要な本等
スキャンして電子書籍にするか、そういうサービスを利用。超便利。
http://www.bookscan.co.jp/
Paypalも申し込んで使えるようにしておくと便利。
http://www.paypal.jp/

→クレジットカード
コンパクトな荷物を達成するためにはぜひ必要。
特に会社等を辞めてくる人は、辞める前に作っておくこと!辞めたら作るのが非常に難しくなる。


・必須持ち物
→パスポート・必要書類。これがないと入国できない


・銀行口座開設時に入れるための少しの現金($1000もあれば十分)
→個人的には$500もあれば十分。
住むときに必要になるものはこれから帰国する隊員からもらえる。
任国外旅行のチケットに関してはクレジットカードが使える。
任国内は現金必須だが、最初の半年間くらいは行くことはないし、
行く頃にはお金がたまってる。

現金がさらに必要な時は、食事や買い物の時に、クレジットで一括で支払い、
現金で返してもらい手に入れるという方法が使える(笑)

マーシャルの公共料金などのクレジットカード対応度
→電話料金(NTA):対応
→電気料金(MEC)・未対応
→飛行機のチケット:国外は対応、国内は未対応
→普段の買い物:paylessという大きなスーパーは対応。
→外食等:RREにあるTIDETABLEは対応。MIRのレストランも対応。他はしらん。



・衣服(フォーマル用)
→スーツ不必要。革靴いらない。ワイシャツ一枚あればいい。
表敬訪問用にスラックス一枚あれば十分(なくてもほかに長ズボンがあればOK)。
ワイシャツもこの国では基本着ることがない。
JICAジャケットは絶対に着ないから持ってくる必要なし。
個人的にはワイシャツよりも、アロハシャツを持ってきたほうがおすすめ。
アイランドフォーマルは、長ズボンにアロハ、靴はサンダルでOK。
アロハはこっちに来てからも作れるので1枚あればいい。

→そのほかの服など(普段用)
襟付きだとフォーマルなところへも入れるので、ポロシャツが便利。
下着に関しては、靴下などはあまりはかないし、買えるので問題なし。
トランクスはほとんど売っていないのでトランクス派な人は持ってきたほうがいい。
ボクサータイプも・・・かな?ブリーフはある。

個人的にはポロシャツなど普段着用5枚、シャツ2,3枚、ジーンズなど一つ、
ハーフパンツ系2,3枚、下着10枚くらいで十分だと思う。
あとはこちらで買える。

タオルは2枚もあれば十分。プール用などのすぐ乾くタイプがおすすめ。
普通のタオルはこちらでも買える。


・洗顔、歯磨きなど
→洗顔フォームはこっちにも売っているから必要ない。歯ブラシは数本あればOK。
日本用の小さいヘッドのものもこちらで売っている。
髭剃りに関しては、電気シェーバー派は日本から持ってきたほうがいい。

・薬系
→自分に対して必要な薬は持ってくる。
ビタミン剤系はこちらでも売っているので、一ヶ月分もあれば十分。
風邪薬などの基本的な薬もこちらで売っている。
船酔いしやすい人は、酔い止めの薬を持ってきたほうがいい。
病気時のポカリスエット系の飲料は全く必要なし。売っているし、自分で作れる。



ここまでが基本的な荷物。ほとんどのものが現地で買えるので最小限に。


・追加の衣類
→とりあえず水着。そのまま街中を歩けるようなタイプがいい。
日焼けをすると大変なことになるので、ラッシュガード長袖を買ってくるとちょっと便利。


・レジャー系
→シュノーケリングセットはこちらでも売っているが、フィットしたものがよければ買って持ってくる。
フィンについても同様。
ダイビングする人は、器材を持ってきても構わないが、まだダイビングサービス始まってないし、
基本レンタルしてくれるので、いらないと思う。どうしてもというならウェットスーツくらい。
それよりもライセンスカードとログブックを忘れるな。


・履物
→スポーツ用のシューズ一足、サンダル一足。以上。


・パソコン系(デジタルガジェット)
→普通の人ならパソコン一台にバックアップ用のポータブルHDD2台(写真用とその他)。
マニュアルとリカバリDVDなど一式。オフィスなどの必要なソフトはあらかじめ買っておく。
こちらでダイヤルアップでインターネットする人は、USBモデム(最近の機種はモデムポートがないから)。
マーシャルではダイヤルアップ$19.95、DSL$49.95~月額定額でサービスされてる。
メールとちょっとしたWeb用途ならダイヤルアップで十分。ダウンロード等が必要ならDSL。
Macを買うなら、仮想化ソフトとWindowsを入れておくと便利。ポータブルHDDは一つはexfatでフォーマットしておく。

ポータブルHDDは頑丈なものを選ぶ。
こちらに4種類くらいのメーカーのものを持ってきたが、まだ一回も壊れていないのは、
トランセンドのHDD(StoreJet 25M系)。デザインはよくないが、データがなくなるよりはまし。
Transcend USB3.0 2.5インチ ポータブルHDD M3シリーズ 640GB 3年保証 TS640GSJ25M3
Transcend USB3.0 2.5インチ ポータブルHDD M3シリーズ 640GB 3年保証 TS640GSJ25M3


*ライトプロテクト機能付きUSB*超必須。
http://buffalo.jp/products/catalog/flash/usbmemory_value.html
BUFFALO USB3.0/2.0用 USBメモリー ブルー 16GB RUF3-C16G-BL
BUFFALO USB3.0/2.0用 USBメモリー ブルー 16GB RUF3-C16G-BL

2,3個あると便利。帰るときにプレゼントしても喜ばれる。


→コンピュータ技術系
パソコン2台(同じ機種なら修理時にパーツが使いまわせる)。
ポータブルHDD5台(メイン1:普段使いとバックアップ、サブ1(写真用):普段使いとバックアップ、サポート用:1)
CD-RW,DVD-RW各10枚程度。なくてもこちらで買えるので、必須ではない。
コンパクトで持ち運び可能なWiFiルータがあると便利。
分解修理するつもりなら、コンパクトなドライバーセットなど。精密ドライバー含む。
特に精密ドライバーで持ち手が細いものは力が入らず回せないので、眼鏡用みたいなやつは不可。
レンズクリーニング系はあると便利。こちらでも買える。

*ライトプロテクト機能付きUSB*超必須。
用途別に合わせて何個か用意すると便利。

電源タップ(サージ機能付)、UPS、各種ケーブルはこちらでも買える。
コンピュータ系の隊員じゃなくてもUPSは買ったほうがいい。こちらでは$70から$140位するが、
壊れるよりまし。この程度で壊れずに2年間使えるなら安いと思う。
なお、パソコンもオンラインから購入可能(amazonとappleはダメ)

電圧変換装置は基本いらない。こちらは120Vで100Vにしか対応していないものを持ってくる場合のみ必要。


・写真系
→デジタル一眼を買うなら、普段用にコンパクトもあったほうがいい。
コンパクトデジタルカメラは防水タイプがおすすめ。防水ハウジングがあるタイプならなおいい。
コンパクトだけならそれだけで十分。予備のバッテリーがあると任国内の時に便利。電気ないとか多いので。

子供に触らせるつもりなら2台持ってきておくこと!
もしくは、壊れるころに日本などから購入し送ってもらうかオンラインで購入する。

コンピュータとデジカメは任地で結構壊れる。特にデータの消失を伴うことが多いので
バックアップはしっかりと考えること。
ほかに必要なものは、amazon、ebayそのほかオンラインで購入可能なので、
日本語じゃないといけないもの、すぐに使うものだけ持ってくると荷物がコンパクトになる。


・本
どうしても紙じゃなきゃ困るもの以外は、全部電子書籍にして持ってくる。
各種書類や手引きも参照するだけなら、紙で持ってくる必要はない。


・携帯など
SIMロックフリーならこちらでも使える可能性がある(GSM対応、3Gサービスなし等データ系はなし。
つまり音声サービスのみ)。
iPod touchは無線LANが使えてカメラも使えるし、持っているとかなり便利(コンパクトだし)。
任国では無線LANが月額定額サービスをしているところも多いのでちょっとした旅行でパソコン代わりにもなる。
マーシャルでは月額$15でWiFiホットスポットがサービスされてる。




それ以外は、みんなみーんなオンラインや現地で購入可能です。
最初っから持ってくるのは、本当に最初に使うものだけ。
あれも必要かも、これも必要かも?って持ってくるより、ちょっと必要なら
ほかの人がすでに持っていて、借りることもできる(この事実はすごく重要)。


これだけの荷物であれば、スーツケースひとつと、
バックパック(登山とかで使うようなやつ?機内持ち込みできるサイズ)
で収まるはず。。。




私は、たくさん持ってきて、帰る今とても苦労しています。
持ってきて、一回も使わなかったものもあるし。
長期の海外が初めてだったこともありますが、いい経験と勉強になりました。
次からはコンパクトに荷物をまとめることができる自信があります。。。


この場合、クレジットカードを最大限に利用しますが、
使いすぎないように、限度額を低くするか、ちゃんと管理して、
必要なものだけ買うようにしましょう。

そうしないと、日本に帰ってからお金にすごく困ります。私のように(笑)
JOCV | コメント(0) | トラックバック(0)
« Prev | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。